注文住宅のメリットとデメリット

4月 7th, 2013

いつかはマイホームを持ちたい、そして、マイホームを持つならば「一戸建て」と考えている方はたくさんいることでしょう。新築の家を購入する場合、建売住宅と注文住宅という選択肢があります。建売住宅はその名の通り、完成した家のことで、家を購入すればすぐに住むことができます。一方、注文住宅は、自分の好きな場所に好きな家を建てることができるという特徴があります。

注文住宅の場合、建築法に違反さえしなければ、どのようなデザインの家、どのような間取りの家を建てても差し支えありません。特に、ライフスタイルを重視したいという場合、注文住宅を選ぶことで、ライフスタイルに合わせて自由な間取りの家を建てることができます。ただし、土地を探すのは意外と難しく、希望条件に合う土地がなかなか見つからないというケースが多いようです。さらに、住宅の設計、建築にも時間を要するため、土地探しから家を建て、実際に住めるようになるまでにはかなりの期間を要します。

一方、設計などのために打ち合わせを何度も行う必要がありますが、家が建つまでのプロセスを楽しむ方も多いようです。家のデザイン、間取り、素材などにこだわりがあり、家が建つまでのプロセスを楽しみたいという方に注文住宅をおすすめします。一方、すぐにでもマイホームに移りたい方、マイホームに予算をかけられない方には建売住宅が向いていると言えます。

This entry was posted on 日曜日, 4月 7th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 不動産・賃貸. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply